FXシステムトレード業者の徹底比較!

システムトレードのリスク・欠点

ミラートレーダーに対応したFX会社で口座を開きシステムトレードをおこなえば、無料でプロが作った300種類以上のストラテジーシステム(売買戦略)が使えます。また会社に行っている昼間や寝ている時でさえ、システムトレードがFXの自動売買を行なってくれます。そのため専業のトレーダーでなくても、サラリーマンやOLの方でもサイドビジネスとして気軽に始められると人気です。

さらにシステムトレードの利点は、それだけではありません。FXの経験が長いベテランのトレーダーでも相場を読み間違えたり、損切りのタイミングを失うことがあります。ましてFXを始めたばかりのFX初心者の場合は、FXの経験があまりないためにどうしても自分の判断でFXの取引を行い思わぬ損失を生む場合もあります。その点システムトレードの場合は、自分の感情や判断が入る余地がありません。そのために損切りのタイミングを何時にするかとかに悩んだり、さまざまなFXのくストレスから開放されます。

システムトレードが登場する前は、自分の相場観や経験で行う裁量トレードが一般的でした。しかし裁量トレードの場合は独自の相場観を確立したり、経験を積みFX取引のノウハウを蓄積する前に資金が続かずに、FXを諦めてしまう方も少なくありませんでした。しかしミラートレーダーやメタトレーダー4などのFX自動売買ソフトを使えば、投資の方法が分からないFX初心者でも一定基準のFX取引が行えます

そんな夢のようなFXトレードツールですが、システムトレードのリスクや欠点も存在します。それはシステムトレードのストラテジーはすべて過去のデータや経験から作られています。そのため想定される範囲で対応できるように作られているために、急激な想定外の局面には当然対応できません。裁量トレードであれば自分の判断で損切りを行うこともできますが、システムトレードは設定された範囲での自動売買になるので、買い続けポジションが増えることもあります。

またどんなに優れたストラテジーであっても、常勝ではありません。当然勝ったり負けたりを繰り返します。それでもプラスマイナスゼロであればまだ良いのですが、もし負け続けると、他のストラテジーシステムに替えたくなります。ところが実際にストラテジーを替えた途端に、今度は相場がこれまでと逆に動いたりします。つまりどんなに優れたストラテジーであっても、万能ではないということです。いくら自動売買であっても自分で毎日データを分析したり、相場の勉強が必要になります。いずれにしてもこれからシステムトレードを始めたいと思われている方は、下記の自動売買型ランキングのFX会社から選ばれることをお勧めします。




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2015 FXシステムトレード業者の徹底比較! All Rights Reserved.