FXシステムトレード業者の徹底比較!

MT4でシグナルを自作する

最近FX投資家のあいだでMT4を使えば、簡単にシグナルを自作できると人気を呼んでいます。このシグナルとは売り買いのテクニカルポイントをシグナルで知らせくれる売買シグナル機能のことです。もっとわかり易く言うと、FXで利益がでる買いと売りのポイントを教えてくれるサインのことです。このシグナルもひとつではなく、さまざまなシグナル機能があります。

FXではエントリーポイント(EntryPoint)と呼ばれている買いのタイミングと、イグジットポイント(ExitPoint)と呼ばれている売りのタイミングがあります。過去のテクニカル傾向やチャートなどから自分独自のシグナルを自作すれば、どのタイミングで買えば良いのか知ることができます。さらにFXで難しいのはエントリーポイントよりイグジットポイントだと言われています。

裁量トレードでFXを行なったことがある方であれば分かると思いますが、買いのタイミングのエントリーポイントは比較的見つけ易いですが、イグジットポイントはなかなか難しいものです。もっと儲かるという気持ちが強いとイグジットポイントを間違い損失を被る結果になり、逆に買った通貨が下落している時もイグジットポイントを間違うと、損切りをした途端に上昇したりします。

この売買シグナルを予めプログラムしておくことで、コンピューターが自動的に売買を行ってくれるのがシステムトレードと呼ばれるFX自動売買です。システムトレードの場合はストラテジーシステム(売買戦略)と呼ばれるソフトで、買いのタイミングと売りのタイミングがFXの専門家がこれまでの過去の相場から考案し設定されています。ただシステムトレードにすべてを任せるのに抵抗がある方はMT4が搭載されたFX会社でこのシグナルを自作し、自分のエントリーポイントとイグジットポイントを自作することも可能です。

どんなに優れたストラテジーであってもそのままシステムを走らせてしまうと、上手く機能しません。そのためシステムトレードを行うにしても、ある程度の調整が必要になります。MT4でシグナルを自作するにしても難しいプログラミングなどできないと思っている方でも、MT4に対応した自動売買型のFX会社のなかには比較的カンタンに自作できる会社もあるので安心です。

いずれにしてもこれからMT4を利用して自動売買を行うのであれば、MT4で自分のシグナルを自作されるのも良いかもしれません。MT4が搭載されたFX会社を探すのであれば、下記のMT4に対応した自動売買型ランキングのFX会社から選ばれることをお勧めします。




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2015 FXシステムトレード業者の徹底比較! All Rights Reserved.