FXシステムトレード業者の徹底比較!

【システムトレード用語集】逆張り

FXをやっているとよく順張りや、逆張りいう言葉を使います。順張りとは1ドル100円の円が99円、98円と円高に振れる時に、これからも円がまだまだ上がるだろうと思い円を買うことです。また逆に今1ドル100円の円が1ドル101円、102円と下がり始めた時に、これからも円がまだまだ下がると考えて円を売ることも順張りです。

つまりFXの順張りとは下落トレンドの時に売り、上昇トレンドの時には買いに入ることです。逆に今ドル100円の円が99円、98円と円高に動いている時に、そろそろ円高から今度は円安に動くだろうという思惑で売ることが逆張りです。同じように1ドル100円の円が1ドル101円、102円と下がり始めた時に、下落トレンドに乗らずにここが底値と考えて今度は円高に転換するだろうという思惑で、買いを入れることも逆張りになります。

FXと株は同じではありませんが株の世界でも、株価が上下しながらも上昇トレンドの時に買い上げていく順張りが王道だと言われています。しかし株でも暴落している時にその株を買い、成功している証券会社やファンドもたくさんあります。同じようにFXで通貨が暴落している時にその通貨を買いに走る逆張りで、大きな利益を上げている個人投資家もいます。

しかしこれからシステムトレードを始めたいと思われているFX初心者の方には、この逆張りの投資方法はかなりハードルが高いものです。ベテランの投資家でもそうですが、たとえば下落している通貨の底値を見極めるのはとても難しいことです。よほどの相場観と経験がないと底値は見えてきません。また上昇トレンドの通貨の天井を見極めるのもとても難しいことです。ましてFX初心者の方であれば尚さらです。

順張りであればエントリーポイント(EntryPoint)と呼ばれている、買いのタイミングは比較的カンタンに見つかります。難しいのはむしろイグジットポイント(ExitPoint)と呼ばれている売りのタイミングです。それでも利食いをするには順張りであれば可能ですが、FX初心者の方が逆張りするのは危険です。

いずれにしてもこれからシステムトレードを始めたいと思われている方は、下記の自動売買型ランキングのFX会社から選ばれることをお勧めします。下記の自動売買型ランキングの上位にランクインされているFX会社であれば、口座を開かれても多くのトレーダーから支持されているので安心です。




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2015 FXシステムトレード業者の徹底比較! All Rights Reserved.